docomo(ドコモ)のスマホ料金見直しの効果って?

docomo(ドコモ)のスマホ料金見直しの効果って?

面倒で見てなかった反省…

ボクは元々はAuユーザーで、妻がdocomoユーザーでした。結婚して、妻が親とdocomo家族割をやっていたし、ボクが婿に入ったということもあって、Au→docomoに切り替えをしたわけです。
 そんなこともあり、「妻:親回線、ボク:子回線」という形で5年以上が経過したわけですが、その間に子供が2人生まれて色々とお金がかかるようになったわけです。
 盲点だったのは、支払いを妻の口座にしていたことです。なので、携帯料金の月々の支払いを気にしていませんでした。

「そんなに!?」驚愕の料金!

子供の学資など月々の強制貯蓄を考慮していると自由に使えるお金が少なくなったなと思っていた時、「携帯っていくらぐらいなの?」と聞いてみたら、「2万円ぐらい」との回答がきました。
 いくら何でもそれは高いんじゃないかなと思い、docomoショップにて相談することに。

見直しは大事ですね。

docomoショップって混んでますよね…。だからみんな行きたくないのだと思いますが、絶対にスマホからの予約がおすすめです!予約しておけば10分遅刻することがなければ時間通りに話し合いをスタートできますよ。
 さて、着席して店員への相談スタート。話しているうちに

  • カケホーダイ
  • 過度なデータシェアパック
  • 使用していない有料アプリ

の3つで必要以上のお金がかかっていました。

カケホーダイの魔力は今や不要!

まず、カケホーダイですが、通話し放題というプランのことです。昔から安心だからと入れていたのだと思いますが、これって今となっては不要ですね。だって、LINEで連絡はとりやすくなったり、必要があればLINEで無料通話もできますからね。
 ということで、こちらは「5分通話無料」プランに変更しました。まあ、さすがにLINEでは音声が途切れたりすることがありますし、家族間での短い通話は日常茶飯事ですからね。でも、これだけで「2000円マイナス」です!

docomo通信はWifi通信で低利用に。

長女が生まれた直後に一軒家を建てました。その時に、Wifi環境も準備したので、家にいる時は基本Wifi通信です。ゆえに、Wifiの月額利用料がかかりますが、docomoのデータ通信はその分使っていませんでした。
 ということで、契約当初の余裕を持ったデータシェアパック(10GB)は無用の長物でした。こちらも「ギガライト」プランに変更。ギガライトは1GBまでが2500円、3GBまでが3500円と利用料によって上下するプランですが、通信料を問い合わせてみたところ、ボクは3.2GB程度で妻に至っては1.2GBという状況。
 いやいや、なんともお恥ずかしいです…。ほぼほぼ使ってないですね。ということで、ボクも出張等で動画を見たりするのを少し抑制すれば、余裕で3GBに収まりますし、妻も1GB以下にできそうです。ボクも1GB以下にできるとするとこれで「4000円マイナス」です!

確認しないと忘れてしまう有料アプリ。

これは、注意すれば節約できるのですが、なんとも我が家は無頓着な傾向にありまして…。docomoの子育て応援で子供1人につき年に1回3000ポイントがつくのですが、その中で「利用開始1年間はdフォト無料利用」がついていました。
 説明を聞いた当初は「撮影した画像のアルバムを無料で作れますよ」という甘い言葉に釣られて、じゃあ利用しようかとなりましたが、無頓着なボクらは1回もdフォトを使わず、そのまま1年が経過して勝手に有料化。月々500円ぐらいだったと思いますが、ドブに捨てていました(泣)
 ということで、こちらも「1000円マイナス」という結果に。

とりあえず前向きに良かったということで(笑)

二人で合算すると、「月々7000円マイナス」!!!!という結果になりました。いやー相談してよかった。
 何やら、先月の支払いは21500円だったそうで、翌月からは14500円に!年間で84000円の削減か…。何を買ってやろうかと喜ぶ前に自分自身の無頓着さに怒りも覚えました。
 ということで、スマホ料金に注目するようになり、そこからより安くと行動を開始しました。今後も、そのあたりの役立つ情報を記載したいと思いますのでお楽しみに!みなさんにもスマホ料金の見直しをおススメします。