楽天モバイルって安いの?

楽天モバイルって安いの?

見直ししたら更に欲が…

「スマホ料金見直し」の記事( https://eiji-ichinei-saboriser.com/docomo-review-monthly-fee )にて月々の支払いが21500円→14500円になったこと報告しましたが、そうなると更なる欲が出てくるのが人間の性ですね(笑)
 次に考えたのはキャリアからMVNO(簡単に言えばリーズナブルな料金の通信事業者)へ変更したらどれぐらい安くなるのか?という事。取り急ぎ、ボクは楽天会員なので、楽天モバイルをMVNOとして調査してみました!

MVNOのデータ通信プラン

docomoの 「ギガライト」 は利用量により料金が変動するプランでしたが、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」はプランにより利用量が固定となります。例えば、スーパーホーダイプランSの場合はデータ利用量2GBまでという制限で、それを超えると通信速度が遅くなる(1Mbps)という仕組みです。
 2GBというところが、瀬戸際だなーと思いますが、前回の記事で書いた通り、何とかなる範囲内かなと思いますので、ボクはこれでいいかなと思いました。
 ちなみに価格は利用年数によって異なり、楽天会員の場合は1年目「1480円」(ダイヤモンド会員なら980円)で、2年目以降は2980円です(非会員は1年目から2980円)。きっと楽天モバイルを選択する人は楽天会員でしょうから、1年目はかなり安いということになりますね。

MVNOの通話

「MVNOってカケホーダイがない!だからキャリアのほうがいい!」という決まり文句をたまに見ますが、前回の記事の通り、今やカケホーダイは必要ないと個人的には思います。ちなみに、楽天モバイルの場合はスーパーホーダイに「10分通話かけ放題」が入っています(楽天電話アプリを利用する前提)。前回の記事でdocomoの料金を安くするために「5分通話無料」に変更したと書きました。
 ということは、楽天モバイルのほうが「5分間無料通話時間が長い」のです。音声の質の違いはあるかもしれませんが、「MVNOのほうが長く電話できるじゃん!」と突っ込んでしまいました(笑)

MVNOのスマホ保証

「MVNOだとサポートがしっかりしていない。キャリアなら安心ですよ!」というこれまたよく聞く決まり文句です。確かに、MVNOの場合は少し自分で考えなければいけないかもしれませんが、ボクが調べた感じだとそんなに恐れることはないかなと思います。
 実際に、保証について確認したところ、楽天モバイルの場合は楽天モバイルでスマホを購入しようが、個人でスマホを購入しようが、月額500円で無償修理保証が受けられます。docomoと大きくは変わらないサポートになりますので、保証も大丈夫ですね。

MVNOのその他オプション

個人的に「留守番電話」は録音できるようにしておきたいのですが、こちらについても楽天モバイルでは月額300円で利用可能です。ボクのスマホ利用のレベルであれば、MVNOの欠点って特に見当たらないですね。

で、MVNOだと月額いくらなの?

はい。結論です。ボクの場合は、
 1年目月額:980円+500円+300円=1780円(税抜)
 2年目月額:2980円+500円+300円=3780円(税抜)
 ※スーパーホーダイS(ダイヤモンド会員)、スマホ保証、留守番電話
となりそうです。ちなみに、妻の場合は、
 1年目月額:1480円+500円+300円=2280円(税抜)
 2年目月額:2980円+500円+300円=3780円(税抜)
 ※スーパーホーダイS(楽天会員)、スマホ保証、留守番電話
となります。ということで家族の月額は、
 1年目月額:1780円+2280円=4060円(税抜) 4466円(10%税込)
 2年目月額:3780円+3780円=7560円(税抜) 8316円(10%税込)
という結果となりました。

比較結果発表!

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
 さて、冒頭でも書いた通り、スマホ料金の見直しで 月々の支払いが21500円→14500円 になりましたが、今回の比較の結果、同等のプランを組んだとしても
 docomo:14500円
 楽天モバイル:4466円(1年目)
という驚愕の結果に…。当初は楽天モバイルユーザーの4か月分を1月分として支払っていたと思うと、自分の無頓着さに笑いますね!
 とはいっても、まだまだ、データの移行だとか、スマホの購入とか色々と考えることがありますので、一つずつクリアしていこうと思います。
 皆さんもMVNOへの乗り換えをぜひ検討してみてください!