ファイルの保存先を忘れてしまう…。

ファイルの保存先を忘れてしまう…。

はじめに

 あなた様はいつもパソコンのフォルダでファイルを管理していて、エクスプローラーで探しても「あれ?見つからないな。どこいった?」と悩むことがあるということでしょうか?確かにフォルダで管理しているとその保存場所を忘れてしまうと見つけるのが非常に困難です。かといって、デスクトップにショートカットを保存することで一時的に回避することも可能ですが、これが増えてくるとわかりにくくなってしまい、使わないだろうと整理したら、次に必要になったときにどこにあるかわからなくなるという悪循環に陥ってしまうことありますね。

 それならばOneNote(ワンノート)を使うことで解決できそうです。
こちらはドラクエ6の主人公の特技「思い出す」のように簡単に登録した内容を確認できる代物になります。

OneNote(ワンノート)とは

 MicroSoft製のソフトウェアです。画面構成は以下のようになっています。ノートというよりもデジタルルーズリーフとイメージしてもらうとわかりやすいですね。

  • ノート:バインダー。トップフォルダのイメージ
  • セクション:インデックス。ファイル名のイメージ
  • ページ:ルーズリーフ。ファイル内容のイメージ
 

 こちらは、「学校」というタイトルのバインダーを作り、その中に各教科のインデックスを用意して、「生物学」のインデックスの後ろに「植物」、「動物」、「細胞」の講義内容をメモしたルーズリーフを挟んだものを表現したOneNoteの画面構成になります。
 セクションには「生物学」の他にも「数学」、「音楽」、「歴史」、「物理」といった科目が登録されていますね。それぞれのタブをクリックすると指定した科目のページが表示されまするので、簡単に他の情報に画面を切り替えることが可能です。
 ページも同様で「細胞」の他にも「植物」、「動物」として作成した情報をクリックして表示することができます。「簡単に確認できるなぁ」と思って頂けたのではないでしょうか?
 また、ノートに関しても複数登録することが可能ですので、「学校」、「家」、「仕事」、「趣味」など様々なカテゴリに分けて情報を纏められます。
 ちなみに、実際にこのデータがどのようなファイル構造になるかと言うと、下図のようになります。

 ノート名のフォルダが最上位にあり、その中にセクション名のOneNoteファイル(.one)が作られて、その内容にページのデータが保存されるという仕組みです。エクスプローラーだとそれぞれダブルクリックで探っていく形となりますがOneNoteだと1画面でこの構造が表現されるので目的のファイルを探すのがとても素早くこなせます。
 このようにOneNoteは「PCに保存されたファイル構造をノートのように表現したアプリケーション」です。難しいものではなく、単純に見せ方をわかりやすくしているだけなのです。

メリット

1.記憶しやすい

 前段の記載のとおり、OneNoteはバインダーのようなイメージで使うことができるので、情報を整理して保存できます。そのため、頭の中でも構造的に覚えておくことができるため目的のメモにたどり着きやすいです。

2.検索しやすい

 忘れっぽいボクにはこれがとても素晴らしいと思っているのですが、検索窓が用意されているので、そこに文字を入力するだけで記載のページを検索してくれます。通常のファイル保存ではエクスプローラーでファイル名の検索はできてもファイルの中身まで文字列検索をしてはくれないので、これだけで大きな時間短縮につながります。

3.素早く確認ができる

 エクスプローラーからファイルの中身を確認する時はダブルクリックをしてファイルを開く必要があります。プレビュー機能でも確認ができますが、編集をするためにはやはり開かなければいけません。
 OneNoteではページを表示するだけで簡単に内容を確認することができます。些細なことかもしれませんが、塵も積もれば山となりますからね。

デメリット

1.使い方を覚えなければいけない

 何事でも最初に立ちはだかる壁ですね…。ただ、個人的にはOneNoteは直感的に使うことができるのでこのハードルは低いですね。この記事を読んだ方であれば基本的な使い方は5分程度で理解頂けると思います。

おわりに

いかがでしたか?単純にエクスプローラーで資料を管理するよりも抜群に管理しやすいことを知って頂けたのではないでしょうか。お忙しいあなた様のお悩みに少しでも寄り添えたご紹介ができていたら幸いです。
もし使ってみようかなということであれば、「OneNoteのインストール」ページにインストール方法等をまとめておりますので、ぜひ人生の旅のお供にしてみて下さいね。
また、何かご質問・ご要望がありましたらコメント登録をお願いします。

お時間あればサイドメニューより他の勇者様のお悩みが確認できますので、覗いてみて下さい。

またのお越しをお待ちしております。