OneNoteのインストール

OneNote(ワンノート)の種類

 一言でOneNoteと言ってもいくつか種類があります。

  • OneNote2016:Office2016としてリリースされたもの
  • OneNoteForWindows10:Windows10にプリインストールされているもの
  • OneNoteOnline:スマホやタブレット向けのアプリ

 それぞれ、機能差がありますが、どのソフトウェアで作成したものでも参照はできますので、例えば、「パソコンでOneNote2016を使って作成したページをスマホでOneNoteOnlineを使って参照する」ことが可能ですので、逆にこの例の場合ではスマホで編集したものをパソコンで参照もできます。ソフトウェアに互換性があるため、デバイスフリーで作成・修正・参照ができるところがOneNoteの良いところですね。

デジログの酒場でのOneNote

 当店ではOneNote2016のことをOneNoteと表現しています。逆にその他のソフトウェアはそれぞれ正式名称で記載しています。なぜOneNote2016をメインで使用しているのか?というと、亭主が使いやすいと感じているからです。
 機能性でも「2016>ForWindows10>Online」となっており、OneNote2016が最も多機能となっています。

お金がかかるの?

 基本的に当店では有償のソフトウェアのご紹介はしない方針です。そのためOneNote2016も無償でお使いいただけます。
 「あれ?Office2016と一緒にリリースされたんじゃ?」とお思いの方はするどいなと思いますが、当時は確かに有償でしたが、現在はOneNote2016のみ切り出されてインターネットで個別にダウンロードして利用することができるようになっています。MicroSoft様、素晴らしいです!!
 ちなみに、ForWindows10もWindows10のパソコンを購入すれば搭載済ですのでそのまま利用できます。OnlineについてStoreから無料でダウンロードして利用できますのでご心配なく。

インストール方法

 以下が、インストールページとなっております。

https://www.onenote.com/download?omkt=ja-JP

インストール時はインターネットにつながる環境で行ってくださいね。

補足

 Windows10ではセットアップ時にMicroSoftアカウントをお持ちでない場合は作成する形となりました。これは無料で作れるのですが、これを持つことでMicroSoft様のクラウドサービス「OneDrive」を5GBも利用することができます。
 これはMicroSoft様が5GBのデータ保存先を用意してくれるというものですので、使わない手はありませんが、もしデータが無くなってしまったりしても無料のサービスであるため復旧ができない場合がありますので、自己責任での利用となります。
 ただ、OneNoteを使う上でこのOneDriveはとても使い勝手が良いです。例えば、パソコンでOneNoteを使う場合、データをパソコン本体に保存してしまうとOneNoteOnlineをインストールしたとしてもスマホでは利用ができません。データそのものが参照できないからです。
 デバイスフリーでファイルを共有したいという時にOneDriveを使えるようにしておくと、MicroSoftアカウントをOneNoteにて設定するだけで、それぞれのデバイスで情報を共有することができます。スマホ所有率が高い現代ではパソコンを持ち歩かずにスマホで手軽に確認することが主流です。ボクもいつもiPhoneで確認できるようにしていますし、なにかアイデアが思いついた時にはスマホに登録するようにしています。
 デジタル化が進んできた今、デバイスの使い方で効率も全然違います。ぜひOneDriveも利用して素敵なデジタルライフを!