パソコン画面を資料として使いたい!Part3(こっちのほうが便利)

パソコン画面を資料として使いたい!Part3(こっちのほうが便利)

コロナウィルスで家族にも影響が…

2020年3月現在、コロナウィルス騒ぎの真っただ中です。
 ボクの働く病院でもコロナ騒動はあるのですが、自宅の中にも大きな影響を与えています。特に、小学生の娘が休校となったことの影響は大きく、4月に出産を迎える妻は毎日ヒーヒー言ってます。
 娘は1年生なので活発に動き回り、わがまま放題!更には頼みの綱だった息子の幼稚園でも先生が発熱ということで、安全をとって2歳の息子もお休み。わがまま全開の2人+お腹の中の子供1人の面倒を見てもらっているので、ボクも早く帰らないと!より一層定時退社を意識する日々です。
 さて、時短で素早く資料を作りたいという方へ今回は「Snipping Tool」アプリを使った「さぼ技」です。

「この部分だけの画像を使いたい。」そんな時に効果的!

「Prt Sc」ではトリミングが面倒!更に「Alt」+「Prt Sc」でもトリミングが必要!なんてケースも多いのではないでしょうか?
 「Alt」+「Prt Sc」 はウィンドウサイズで画面をコピーできるので重宝することもありますが、資料は見やすくすることが一番大事です。

  • 要点を絞った画面が欲しい
  • 簡単に画像ファイルとして保存したい
  • ちょっとしたコメントも簡単に記載したい

といった時に役立つ操作についてご紹介します。

「アクセサリ」から「Snipping Tool」アプリを起動してみましょう

タスクバー左端に表示されている「スタート」ボタン。ウィンドウズマークのボタンのことです。こちらをクリックして、アプリのリストから「アクセサリ」を見つけ、更にその中から「Snipping Tool」をクリックすると起動します。

Windows10だと「Windows アクセサリ」なんですね

左上の「新規作成」ボタンをクリックすると画面が薄白色になります。この状態で画面コピーを取りたい範囲の左上にマウスカーソルを合わせてドラッグしながら右下にむけてコピー範囲を指定します。(コピーしたい範囲は通常の色になりますのでわかりやすいです)
 範囲を指定できたらドラッグを解除すると、「Snipping Tool」の画面にコピーした部分が表示されます。この状態でパソコンの内部的にはコピーができていますので、Excel等に貼り付けをすることができます。
 また、「Snipping Tool」のいいところはコピーした画像をそのまま画像ファイルとして保存できることです。なので、例えばメールとかで簡単に返したいときなんかに便利だなーと個人的に思ってます。更には、簡単なフリー描画でコメントなんかもかけるので、サッと問い合わせに答えたいときの補足資料の作成には特にもってこいですね。

左:コピーそのまま 右:フリー描画でコメント記載
鬼滅の刃おもしろいですよね(笑)炭治郎の天然シーンはツボです。

「Prt Sc」とは違い、自分で操作してコピーしたい部分を指定できるので、ストレスなく使用できる良いアプリです。市販のパソコンに初期インストールされていると思いますので、ぜひ使って、サクッと画面コピーしちゃってください。

最後に一言

物の価値って知られているかどうかにかかっているとボクは思います。「Snipping Tool」なんて初期インストールされている優れたアプリだと思うのですが、実際にパソコンを使っている人の半分以上は知らないかもしれません。
 恥ずかしながらボクも電子カルテSE時代は知りませんでした…。もっと早く知っていたら、もっと効率的に資料を作れていたと思っています。でも、これであなたはこの「さぼ技」を知ることができましたね。どんどん使ってみてください!